FXの代表的な通貨傾向

FXは、外国為替証拠金取引と言い、証拠金とレバレッジを利用する金融派生商品です。

FXの代表的な通貨傾向

FXの概要を理解

いずれの投資でも基本があり、株式であれば、市場で取引され、利益を手にする可能性もあれば、会社の所有権を取得する可能性もあります。
短期から長期までの投資を鑑みることができ、その点に大きな特徴があります。
では、FXにおいては、どうなのでしょうか?
FXは、外国為替証拠金取引を意味し、差金決済取引でもあります。
お金のみが移動し、決済取引をしなければ、損益が発生ません。
外国為替相場を元に取引がなれ、しかも、独自の市場を形成し、為替レートを基準に取引がなされます。
デリバティブとも呼ばれ、金融派生商品の一種です。
証拠金取引と名が付いているように、業者に担保のような証拠金を支払い、取引可能となります。
レバレッジが利用でき、証拠金よりも多額の取引ができるようになります。
しかも、損益もレバレッジに基づきます。
レバレッジとは、この原理であり、少ない証拠金でも多額の取引ができるとのいわれとなっています。
けれども、今では、世界金融危機を鑑み、個人投資家に対し、レバレッジ規制が行われ、25倍までしか選択できないようになっています。
また、FXでは、基本的に、口座管理費などの手数料はありません。
しかし、実質の手数料として、為替レートへの上乗せ分が発生します。
それがスプレッドであり、投資家に不利にならないように業者などが独自で設定できます。
また、スワップポイントもあり、これは、金利差益となっています。
低金利の通貨から高金利の通貨の買い状態を、翌日まで保持しておけば、発生します。
なお、FXでは、空売りも認められています。

注目のFXについて、ここで情報収集しましょう

Copyright 2017 FXの代表的な通貨傾向 All Rights Reserved.