FXの代表的な通貨傾向

ドルは、基軸通貨として、国際取引の中心的な通貨でもあり、アメリカが発行しています。

FXの代表的な通貨傾向

ドルが第一位

固定相場制でない現在では、各国通貨は等価値とされています。
相対取引で価値づけられ、かつてのように、金保有で国際取引などが行われる訳ではありません。
言ってしまえば、中心のない取引であり、自由な市場での取引となります。
しかし、外貨保有高の通貨として、多くの国でドルを使用しています。
外国為替相場でも、ドルは基軸通貨であり、自国通貨とドルによって、価値づけがなされています。
こういうドルの市場傾向は、アメリカの経済政策と関係があります。
定期的に経済指標などが発表されますが、そういう時、ドル相場が大きく動くようです。
ある人たちに言わせれば、経済指標発表時は、ドル買いが望ましいようです。
さらに、国際政治の変動でも、ドル相場が動くようです。
アメリカ関わっていなくても、その傾向があり、特に戦争では、ドル相場が反応する傾向が強いようです。
言い換えれば、ドルは、基軸通貨ならでは傾向があるということでしょう。
それだけ、世界通貨としての役割があり、世界経済の中でも、中心的な通貨でもあります。
現に国際取引においては、一番の取引高があるようです。
ドルは、身近な外国通貨であり、多数の投資家が、FXで円ドルの通貨ペアを利用しています。
日々の報道でも、円ドルの為替レートに接することができ、情報入手も容易となっています。
それだけ、親近感があり、なおかつ、極端なことを言えば、誰しもが知っている通貨であるともみなせないでしょうか?

注目のFXについて、ここで情報収集しましょう

Copyright 2017 FXの代表的な通貨傾向 All Rights Reserved.