FXの代表的な通貨傾向

ポンドは、イギリスの通貨であり、ドルになる前の基軸通貨でもあります。

FXの代表的な通貨傾向

かつての基軸がポンド

ポンドは、かつての基軸通貨です。
第二次大戦で発行国のイギリス経済が衰退し、ドルに基軸通貨としての地位を譲る形となりました。
ポンド自体の存続危機もありましたが、イギリス金融の底力が存続させたとも言えるでしょう。
こんなポンドは、一日の値動きの激しい通貨のようです。
FXでは、円とのペアで一日数十円の変動が当たり前であり、月あるいは年単位で見れば、非常に値動きが激しくなっています。
原因としては、イギリスの経済力にもあるようですが、ドルとユーロの仲介役のような役割をしているからとのことです。
大西洋の間を取り持つような位置にあるからとのことです。
まあ、一日の取引も多く、自然と値動きが激しくなるようです。
一説によれば、人民元の引き受けも行うようですが、さらに、値動きが激しくなるのでは、とも見られているようです。
FXにおいては、ポンドは初心者向きではないようです。
上級者用で、なおかつ、デイトレーダー向きの通貨ともみなされています。
けれども、外国為替相場で、値動きが激しいことは、一部の人には、取引しやすいようです。
なぜなら、一日のうちで、大きな収益が見込め、損失を取り戻すことも可能なようだからです。
やはり、ポンドは、上級者で、なおかつ、デイトレーダーに最適な通貨かもしれません。
仮にポンドで取引をしたいのであれば、FXになれたあとは、あるいは、外貨預金などで試したのちに、利用するのが、賢明かもしれません。

注目のFXについて、ここで情報収集しましょう

Copyright 2017 FXの代表的な通貨傾向 All Rights Reserved.