FXの代表的な通貨傾向

中国やインドなどのBRICS通貨も、FXで取引がなされ、投資家に人気があるようです。

FXの代表的な通貨傾向

経済新興国の通貨

BRICSが注目集めています。
先進国に追い付こうとしている国々で、成長著しい経済国です。
それぞれの頭文字を取ってもので、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカとなっています。
いずれも、自国の強みを活かし、経済成長を果たしたようです。
とりわけ、中国は、GDPで世界第二位となり、ユーロを救うことも、求められているようです。
そんな中国の通貨である人民元も、FXで取引がなされ、投資家の注目を集めています。
しかし、管理通貨でもあり、大儲けにもならず、大損にもならないようです。
見方によっては、安定した通貨でもあるようです。
また、インドも、経済成長著しく、FXでも取引がなされています。
国のように人口が多く、ITでは世界的に有名な企業もあるようです。
そんなインドの通貨は、ルピーとなっていますが、まだまだ世界通貨とはいかないようです。
将来的には、円などに近づく可能性はあるかもしれませんが、将来を見越した投資として、扱っておくのが、妥当なようです。
以上のほか、アジアの通貨も、FXで取引ができます。
たとえば、香港ドルは、世界的にも広く知られています。
傾向としては、ドルに似た面もあるかもしれませんが、円との組み合わせで勝っている人も多いようです。
また、韓国のウォンも、FXで取引できます。
円との関係であれば、ウォン安状態であり、ここでも、円の強さが出ているようです。
韓国経済も、世界から注目を集めているため、今後の動向が気になる投資家も多いようです。

注目のFXについて、ここで情報収集しましょう

Copyright 2017 FXの代表的な通貨傾向 All Rights Reserved.