FXの代表的な通貨傾向

円を絡めない第三国同士の通貨ペアも、FXで取引可能な時代となっています。

FXの代表的な通貨傾向

第三通貨同士での特徴

日本でFXをするのであれば、円との組み合わせを軸にするでしょう。
特にドルであれば、基軸通貨との組合せでもあり、人気の高いペアとなってます。
けれども、FXでは、他国通貨同士のぺアでも、取引が可能となっています。
人気があるものでは、ドルとユーロの組み合わせです。
基軸通貨と世界第二位の通貨ペアであり、一種の安定傾向があるようです。
しかも、どちらも反対の動きをする傾向があるため、バランスの良い通貨ペアと考える投資家も多いようです。
しかし、ユーロ危機の今では、手を出さない人も増えてきているようです。
ドルに帰る、という動きもあり、信頼している投資家も多々もいるようです。
また、新旧の基軸通貨の通貨ペアも人気があるようです。
すなわち、ドルとポンドの組み合わせです。
片方が世界第一位であり、片方が値動きの激しい通貨であり、そうであるからこそ、プラスマイナスの関係でもあり、安定した関係と言えるのかもしれません。
なおかつ、欧米でも利用できるというのが、人気の秘密にあるのかもしれません。
以上のほか、ユーロとポンドの組み合わせも、多くの人が取引しているようです。
世界第二位と旧基軸通貨ですが、ヨーロッパを中心に考えている人には、取引しがいのあるペアなのでしょう。
今では、ユーロ安となり、ポンドの価値があがているようです。
なお、換金に関しては、基本的に円となります。
しかし、ドルとの関係から生じる場合もあり、その点については、確認が必要でしょう。

注目のFXについて、ここで情報収集しましょう

Copyright 2017 FXの代表的な通貨傾向 All Rights Reserved.